プロフィール

NPOたじま海の学校

Author:NPOたじま海の学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海そうじプロジェクトの結果報告

第4回海そうじプロジェクト(海岸清掃&海底清掃)報告です。

(日 時)  
平成20年10月19日(日)午前8時15分~12時00分

(場 所)
竹野浜新波止場及びその周辺(兵庫県豊岡市)

(主 催)
特定非営利活動法人 たじま海の学校

(共 催)
海族ファミリー、香住ダイビングサービス

(後 援)
特定非営利活動法人 日本安全潜水教育協会

(協 賛)
あわび本舗、(株)ハリミツ、マーズ(株)、(株)ハヤブサ、日本海スクーバ、
竹野海岸を美しくする会(竹野観光協会)、計6件

(参加者数)  179名
兵庫県、奈良県、大阪府、京都府、和歌山県、岡山県、島根県、鳥取県

(漂着ゴミ回収量)
海岸清掃   1tトラック3台分
           (うち、20.8kg(45L袋2個分)のみゴミ個数調査)
海底清掃   34.0kg(全数ゴミ個数調査)

(漂着ゴミワースト3)
  <項目はNGO-JEAN調査方法に準拠>

陸(全数426個)
1位  硬質プラスチック破片  240
2位  ロープ・ひも  34
3位  プラスチックシートや袋の破片  30

海底(全数738個)
1位  エギ(アオリイカ用の疑似餌) 334
2位  天秤おもり 210
3位  カゴ漁具(さびきかご)  68
    
(参加者の感想(一部抜粋))
当日は今までにないほどの好天に恵まれて本当に良かったです。ゴミの方も今までで一番の人数で挑んだ割にはいつもより少なくて「マナーアップ」が少しずつ浸透してきたかな?と思いました。しかし少なくなったとは言え、まだまだゴミは捨てられておりますので綺麗な海を守るため、せめて自分のゴミは自分でかたづけるべくこれからも頑張って行きたいと思います。(陸班・男性)

初の参加でしたが、救助デモもためになったし、清掃活動も良い経験をさせてもらいました。毎年、参加させていただきたく思います。それにしても悲しいぐらいゴミが多くてビックリしました。みんながもっと意識を高めていけたら・・・って思います。(陸班・男性)

よい天気&海況に恵まれ、とても楽しく作業をすることができました。擬似餌を探すのは、宝探しみたいで面白かったのですが、あんなにたくさんあるとは驚きでした。そして、それがどんどん溜まっていったらどうなるのだろうかと思いました。糸も海藻に絡まっていたりして厄介でした。擬似餌の他にも空き缶や、なぜかマスクなんかも拾いました。 お弁当もおいしくいただき、よい経験をさせていただき、ありがとうございました。また来年も是非参加したいです。そして、うちの地元でもこのような活動があればいいなぁと思います。(海班・女性)

昨年も参加したが、ゴミ(疑似餌・テグス)の目視できた量と分布はほぼ昨年と同じぐらいでした。何か拾うだけではなく、もっと基本的な対策が必要なんじゃないかなと思いました。(海班・男性)

(当日マスコミ取材) 
 岳洋社『SWマガジン』、月刊つり人社『月刊つり人』、ダイバー(株)『月刊ダイバー』に掲載予定。


********************

回収全データを含めた詳細な報告書は来年1月発行予定です。海辺の環境教育フォーラム等で配布予定です。欲しい方はNPOたじま海の学校までご連絡下さい。

回収したゴミ(1tトラック3台分)の処分費用は63000円で、今年も竹野観光協会さんのご厚意で負担して下さいました。通常、ビーチクリーンをした場合、処分費用を負担するのは主催者(自治体ではありません)となりますので、竹野観光協会さんのご厚意に感謝申し上げるとともに、国が負担するシステムの構築を広く訴えていきたいと思っています。

来年が節目の開催となる『第5回 海そうじプロジェクト(海岸&海底清掃)』は、2009年10月18日(日)8:15~15:00(予定)の1日イベントとして開催予定です。来年は拾ったゴミの全数調査に挑戦したり、清掃海域の水中映像の上映やトークセッションなどを予定しております。(あくまで予定)
スポンサーサイト

第4回海そうじプロジェクト、終了しました

昨日竹野海岸で行いました第4回海そうじプロジェクト、終了のお知らせです。

好天とベタ凪の海の中、朝9時より総勢約170名の陸&水中のより海そうじを行いました。

正確な人数、回収できたゴミの量など、細かい数字は後日発表させていただきます。

ゴミ

陸グループによって回収されたゴミ

疑似餌

水中班(ダイバー)によって回収された疑似餌

記念撮影

参加者全員による記念撮影

第4回海そうじプロジェクト参加者の皆様へ

本日開催予定の第4回海そうじプロジェクトは予定通り開催いたします。

よろしくお願いします。

海の漂着物調査の講師をしました!

但馬県民局さんからの依頼で、香住小学校3年生72名の海の漂着物調査を香住浜にて行いました。

漂着物観察会3

今回の漂着物観察会は10m四方×6区画に分け、それぞれに12名ずつの生徒がゴミを拾うスタイルで行いました。

漂着物観察会2

※区画分けをした香住浜

漂着物観察会4

拾うスペースが限定されているので、比較的短時間で回収作業を行うことができましたが・・・

漂着物観察会5

小枝等が固まっている場所をよーく見てみると小さくなったプラスチックの破片や発泡の破片がたくさんあることに気付きました。

軍手をした手で細かいゴミを拾うのは結構大変…

漂着物観察会6

拾ったゴミを品目分けした後は全員でふりかえり。自分たちで拾った漂着物の中から「自慢の一品」をみんなの前で発表したり、感想を発表して頂きました。


・人間が作ったものがゴミで、木や海藻など自然のものはゴミじゃないってことを知りました。

・ゴミはどんどん小さくなって拾うのが大変になってくる。

・タバコのフィルターがたくさん落っこちているのにびっくりしました。

など、大人もびっくりの感想が聞かれました。

自分たちの地元の海。きれいにしないといけないって気持ちを多くの児童たちが学んでくれたことと思います。

海そうじプロジェクト・潜水班参加の皆様へ

海そうじプロジェクト・潜水班参加の皆様へご連絡します。

昨日10/9に、参加者の皆様の登録メールアドレスに、最終案内と参加申込書(いずれもWord文書)を添付したメールを一斉送信させて頂きました。携帯メールアドレスでの登録の場合、フリーメールアドレスの場合、受信拒否あるいはゴミ箱に入っている可能性がございます。登録メールアドレスへ送信したものの、返信されてきた方もいらっしゃいます。

メールをご確認頂き、当該メールが届いていないという方は急ぎ香住ダイビングサービス0796-39-4033(潜水班担当)までご連絡ください。すぐに送付いたします。

第4回 海そうじプロジェクト 協賛のご紹介 その2

10/19(日)の海岸清掃&海底清掃イベント「海そうじプロジェクト」に、釣具メーカーのハリミツ様MARS様からご協賛頂くことになりました。ありがとうございます。

harimitsu

MARS


「エコフィッシング指導者養成講座」無事終了いたしました!

10月4-5日とフィッシングメッセンジャーR 野澤鯛損さんをお招きし、 野澤さんが提唱する「環境教育としての釣り入門(エコフィッシング)」 指導者講習会を開催いたしました!

下は地元の高校生から大人まで、総勢14名での開催となりました。

まずは、カワハギ、シロギス、マハゼ等皆が思い思い好きなようにフリーフィッシングを愉しんでアイスブレイク。

1004vol1

ただ魚を釣るだけでなく釣った魚をさばいて

1004vol2

調理して

1004vol3

その命をいただく。

1004vol4


一連の流れの中から環境教育として見出せる項目をワークショップにて抽出。

1004vol5

翌日はワークショップで抽出した考え方を元にエコフィッシング教室を開催。

環境教育的な要素として、釣りを“7つの要素”にわけました。

例えば

「釣り場の環境を知ろう」


1004vol7


釣り場の海の様子を皆で観察しました。(どこにどんな魚がいそうか等)


「さばく」

1004vol8

ただ魚をさばくだけではなく、魚の内臓の仕組みや胃の内容物を観察しました。


これまでの“釣り”の概念にはなかった環境教育的な視点での“釣り”。

参加者の多くから目から鱗、釣りの新たな未来や可能性についての前向きな意見が続出したとても有意義なイベントとなりました。



1004vol6


“釣り”というレジャーから環境についてのたくさんの“気づき”を享受できるこのエコフィッシング教室。

NPOたじま海の学校ではこのプログラムを今後定期的に開催し、エコフィッシング教室が日本各地で行われるようになることを支援していきたいと思います。

第4回 海そうじプロジェクト 協賛及び取材のご紹介

10/19(日)の海岸清掃&海底清掃イベント「海そうじプロジェクト」に、釣具メーカーの株式会社ハヤブサ様からご協賛頂くことになりました。ありがとうございます。

また、昨年取材して頂き、カラーページで特集して頂きました釣り雑誌『SWマガジン』の岳洋社様より、今年も取材のお申し込みを頂きました。注目して頂き、ありがとうございます。

引き続き、協賛・協力・後援、取材申し込みを受け付けております。よろしくお願いします。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。