プロフィール

NPOたじま海の学校

Author:NPOたじま海の学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エコフィッシング教室 指導者講習会」のご案内

「エコフィッシング教室 指導者講習会」のご案内です。
フィッシングメッセンジャーR 野澤鯛損さんを香住へお招きし、 野澤さんが提唱する「環境教育としての釣り入門(エコフィッシング)」 指導者講習会を開催します。

レジャー的な要素の強い「釣り」ですが、その要素を紐解いてみると、 環境教育につながる7つのプロセスに分類することができます。 例えば「魚の身体のしくみ」「人を含めた食物連鎖」「魚の食性と生息場所」「生物と環境の関わり」「魚と地域の食文化」「海のゴミ問題」など、 環境教育的な視点での学習テーマを設定することで、参加者が海のすばらしさ楽しさを実感できると同時に、海の生き物や海のしくみに ついて学習することができる直接体験プログラムとなっています。

なお、「釣り」の技術的な講習会ではありませんのでご注意下さい。

指導者講習会は2日間のプログラムとなっています。また、今回の指導者講習会と併せて、エコフィッシング体験会を行います。まずはプログラム 体験だけしてみたいという方の参加もOKです。興味のありそうな方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

以下ご案内(転送歓迎)です。よろしくお願いします。


(ご案内)

釣りを通じて「環境教育」を学ぼう!
~釣って伝える、海辺の環境と命~
『エコフィッシング教室 指導者講習会 in 香住』

NPOたじま海の学校では、2007年から体験スノーケリング教室、磯観察会、海藻おしば教室、ビーチクリーンなど、但馬海域での環境学習活動を開催しています。

今年度は、海辺の自然体験活動として最もポピュラーであり、但馬海岸でも人気の「釣り」を、環境学習的な視点から捉えるプログラムとして開催するため、「釣り」を題材とした環境教育・指導者講習会(エコフィッシング養成講座)を開催します。全く「釣り」をしたことのない子供でも教室を受講できるよう、シンプルな釣り竿や道具を使うため、「釣り」経験の少ない方でも安心して受講して頂けます。海辺の環境教育活動の一つとして導入を検討されている方、海辺の環境教育に興味のある方、是非受講下さい。


日 時  2008年10月4日(土)、5日(日) 
      4日 9:00~17:00 5日 8:00~17:00 (2日間通い研修)

場 所  兵庫県美方郡香美町 佐津海岸 及び NPOたじま海の学校

対 象  海辺の環境教育、自然体験活動に関心のある16歳以上の方

定 員  15名(先着順)

参加費  3,000円(テキスト代・講習費・保険料を含む。交通費含まず)
      ※NPOたじま海の学校会員は半額の1500円

主 催  NPOたじま海の学校

講 師  野澤鯛損氏(フィッシングメッセンジャー R)

お問合せ 電話 0796-39-4008(9:00~20:00)、
       メール npo@kadoya.tO (最後のOを小文字にしてください)
       Fax 0796-38-0815

※この活動は、(財)ひょうご環境創造協会「平成20年度ひょうご環境保全創造活動助成」を受けております。


<応募方法>

FAX 、メールのいずれかでお申し込みください。
「エコフィッシング指導者講習会(10/4・5)参加希望」とお書きの上、
(1)郵便番号、住所 (2)名前、ふりがな (3)所属名(学校名、会社名等) (4)電話番号 (5)性別 (6)年齢  (7)この講習会を何で知ったか (8)参加の動機 (9)宿泊の有無を明記して、9月末日までにご応募ください。申込者には折り返し、詳しいご案内をお送りします。

宿泊希望の方は講習会場2階に男女別相部屋1泊朝食付き5250円にて用意できます。講習会申し込み時に宿泊希望の旨、必ずお知らせ下さい。

〒669-6402 兵庫県美方郡香美町香住区訓谷316 
NPOたじま海の学校
エコフィッシング指導者講習会係
電 話:0796-39-4033  FAX:0796-38-4033 
E-mail:npo@kadoya.tO (最後のOを小文字にしてください)


■環境教育としての釣り入門(エコフィッシング)とは

「釣り」は一般の方から関心を得やすいプログラムで、家族で楽しむことができる。通常のレジャーフィッシングでは数多く釣りあげることに主眼がいきがちだが、それらの釣り技術などとは一線を画すのが、このプログラムである。

例えば「魚の身体のしくみ」「人を含めた食物連鎖」「魚の食性と生息場所」「生物と環境の関わり」「魚と地域の食文化」「海のゴミ問題」など、環境教育的な視点での学習テーマを設定することで、参加者は海のすばらしさや楽しさを体感できると同時に、海の生き物や海辺の環境について学習することができ、海辺の環境教育の一つのツールとなる可能性がある。


■指導者講習会プログラム(内容は変更する場合があります)

1日目(10月4日<土>)
9:00  受付開始
9:15  開講・会場移動  
9:30  「釣り」体験  
12:00 釣った魚をおかずに昼食
13:00 「釣りと環境教育」テキスト解説
15:00 休憩
15:15 講義「海辺の環境教育の指導法について」
17:00 1日目プログラム終了
18:00 懇親会(香住・三七十鮨にて)(希望者のみ/実費)
19:30 懇親会終了

2日目(10月5日<日>)
8:00  集合及び準備
9:00  プログラム受付(一般参加者)
9:30 「エコフィッシング教室」プログラム開始(セクション1からすべて)
12:00 「エコフィッシング教室」プログラム終了・片付け・昼食
13:30 指導者養成講座(続き)(ふりかえりとテキスト解説、他) 
17:00 解散


■講師紹介

フィッシングメッセンジャー R    野澤 鯛損(健夫)氏

HOOK(フック)かんきょう『協育』事務所主宰。
釣り場の環境破壊やモラルの崩壊を憂い、釣りによる環境学習を実践。海辺の環境教育フォーラム等に参加し、多くの環境教育実践者らと幅広く活動を展開する。また、専門学校の講師、初期救急の指導者としても活動を続けている。山梨県北杜市在住。

<資格>
フィッシングマスター(上級釣り指導員)
フィッシング海上安全指導員
日本赤十字社 救急法指導員(ほか多数取得)など。
スポンサーサイト

<< 第22回着衣泳指導員(プール)養成講習会 豊岡(兵庫県)講習会に参加してきました | ホーム | 柴山海洋クラブさんのスノーケリング体験 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。