プロフィール

NPOたじま海の学校

Author:NPOたじま海の学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エコフィッシング指導者養成講座」無事終了いたしました!

10月4-5日とフィッシングメッセンジャーR 野澤鯛損さんをお招きし、 野澤さんが提唱する「環境教育としての釣り入門(エコフィッシング)」 指導者講習会を開催いたしました!

下は地元の高校生から大人まで、総勢14名での開催となりました。

まずは、カワハギ、シロギス、マハゼ等皆が思い思い好きなようにフリーフィッシングを愉しんでアイスブレイク。

1004vol1

ただ魚を釣るだけでなく釣った魚をさばいて

1004vol2

調理して

1004vol3

その命をいただく。

1004vol4


一連の流れの中から環境教育として見出せる項目をワークショップにて抽出。

1004vol5

翌日はワークショップで抽出した考え方を元にエコフィッシング教室を開催。

環境教育的な要素として、釣りを“7つの要素”にわけました。

例えば

「釣り場の環境を知ろう」


1004vol7


釣り場の海の様子を皆で観察しました。(どこにどんな魚がいそうか等)


「さばく」

1004vol8

ただ魚をさばくだけではなく、魚の内臓の仕組みや胃の内容物を観察しました。


これまでの“釣り”の概念にはなかった環境教育的な視点での“釣り”。

参加者の多くから目から鱗、釣りの新たな未来や可能性についての前向きな意見が続出したとても有意義なイベントとなりました。



1004vol6


“釣り”というレジャーから環境についてのたくさんの“気づき”を享受できるこのエコフィッシング教室。

NPOたじま海の学校ではこのプログラムを今後定期的に開催し、エコフィッシング教室が日本各地で行われるようになることを支援していきたいと思います。
スポンサーサイト

<< 第4回 海そうじプロジェクト 協賛のご紹介 その2 | ホーム | 第4回 海そうじプロジェクト 協賛及び取材のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。