プロフィール

NPOたじま海の学校

Author:NPOたじま海の学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海藻ワークショップ 無事終了しました!

昨日、海藻ワークショップ(体験型の講習会)を開催しました。参加者は一般参加9名、ファシリテーター(進行役)の私、講師の相楽学芸員(姫路市立水族館)の11名でした。

昨日はあいにくの海況のため、水中での海藻観察会を陸上での打ち上げ海藻観察会に変更しましたが、それでも切浜と佐津の海水浴場で打ちあがった20種類ほどの海藻を観察することができました。

また、午後からのアクティビティ(活動)として、「海藻おしば」と「地元の海藻食文化を堪能しよう」を開催しました。

「海藻おしば」では、観察会で採集した海藻を使って、参加者が思い思いの作品を仕上げていました。この作品は今週末にラミネート加工して、参加者の皆様へ送付いたします。

「地元の海藻食文化を堪能しよう」では、講師から頂いた沖縄生モズクと但馬の岩もずくの食べ比べや、但馬で冬~春に採集する「じんば」について、地方名の名前の由来、歴史などを勉強した後、ゆでた「じんば」をいろんな調味料で食べたりして、いろんな種類の海藻を家庭で食べている但馬の食卓に思いを馳せて頂きました。

参加者からの感想で多かったのは、いろんな種類の海藻をたくさん食べたのは初めてだった、海藻っていろんな形があって楽しかった、海藻おしばが楽しかった、打ち上げられた海藻の種類から、どのような海藻が生えていて、海の様子(内湾性、外洋性や潮の当たり具合)が分かるという話に驚いた、などでした。

「海藻」について深く知ることが出来ましたし、「地元の海藻食文化を堪能すること」ができる但馬の魅力に改めて感動した一日でした。この海藻ワークショップ、来年以降も継続開催することにしています。

(報告:松本ひろこ)

午前のセッション・海藻を見てみよう

スポンサーサイト

<< 登記完了! | ホーム | 水中写真展 『兵庫県の海のゆかいな仲間たち in香住』の準備完了! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。