プロフィール

NPOたじま海の学校

Author:NPOたじま海の学校
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイエンスカフェ 「ジオカフェ de 北前船」開催のご案内

NPOたじま海の学校では、山陰海岸ジオパーク香住ファンクラブと協働で、サイエンスカフェを開催することとなりました。当NPOは企画・運営担当及び、運営費の協賛を行っています。

サイエンスカフェとは、講師や参加者とざっくばらんに話ながら、堅苦しい講習会ではない、新しいスタイルで行う「サロン」です。

本来ならば、喫茶店を借り切り、コーヒーを飲みながら開催するところですが、今回は臨時の「茶店」を運営側で開いて、行います。

今回のテーマは、海に関係の深い「北前船」。北前船とは、大坂から下関経由で北海道へ行く商船の通称名(航路名)で、香住はその廻船の停泊地や入港地となっていました。時に御用米と呼ばれる幕府への年貢米を米どころ北の陸から運んでいました。

今は漁港のみになっている香住も、かつては漁業と廻船の賑わう海辺の町でした。

その文化を知ることで、江戸時代の港町・香住にスポットを当て、香住の皆さんに地元の歴史を知って頂きたいと思っています。



北前船がなぜジオパークと関係があるのか。それは、北前船や漁業を支えた港の形成過程にあります。山陰海岸に面した町は入り江を利用して港も出来ています。これは3万年前前後に日本列島が今の形になった過程で、温暖期と寒冷期を繰り返した際に、海岸線が削り取られてできたリアス式海岸に由来します。いくつもの入り江ができ、そこに自然と人間が住み、そして港が形成され、物資の輸送や食材の調達(魚も含めて)はその港が引き受けました。リアス式海岸が生み出した自然の港。そこに文化や産業が生まれていきました。

「日本海形成に伴う地形・地質・風土と人々の暮らし」が山陰海岸ジオパークのテーマですが、今回は「地形と人々の暮らし」にターゲットを当て、専門家を交えてジオカフェを開催します。

NPOたじま海の学校としても、ダイビングやシュノーケリング活動、ビーチクリーン活動だけではなく、文化面も今後積極的に活動していき、香美町でもNPOたじま海の学校の知名度を上げていきたいと思っています。

チラシはこちらを参照下さい。(山陰海岸ジオパークHP イベント1月予定より)
http://sanin-geo.jp/images/1101_kami.doc

【速報】10/17 海そうじプロジェクト、無事終了しました!

本日、無事、第6回海そうじプロジェクトは終了しました!
軽トラ2台分のゴミを回収し、海の中からは32.0kgのゴミを回収しました。
ダイバー40名、アングラー100名、地元住民など一般参加もふくめ、約200名の方にご参加頂きました。

ゴミの集計発表は、近日中にさせて頂きます。

速報でお届けしました。本日~明日にかけて、ニュース、新聞で報道されると思いますので、そちらも是非ご覧ください。

本日の海そうじ、予定通り「開催」します!

本日、竹野海水浴場で予定しております「海そうじプロジェクト」、
予定通り開催いたします!

遠方よりお越しの方、お気をつけてお越しください!

今日半日ですが、がんばってきれいな「ジオパーク・ビーチ」にしちゃいましょう!


海そうじプロジェクト・事務局 松本ひろこ

10/17 海そうじプロジェクト最終案内を送りました

10/17に開催します、海そうじプロジェクトの海底清掃に参加される皆様にご案内します。昨日、最終案内を含め、3通のファイルを一緒に送信しています。

届いていない方は必ずumigaku@@@gmail.com(送信の際は@を2つ減らして下さい)へご連絡下さい。

それと当日、8:30の全体ブリーフィングまでにお越し頂けない方は、潜水作業はできません(個別の対応が困難なため)。陸上清掃をお願いします。

もし、当日参加できない方は、バディ編成の見直しが必要になりますので、急ぎご連絡下さい。(すでに何名かのキャンセルを承っています)

海そうじプロジェクト 協賛と後援のご案内

10/17(日)の開催まであと10日あまりになりました。

今回の開催につきまして、協賛頂きました会社様をご案内します。毎年ご協賛頂いております、釣り具メーカーの(株)ハリミツ様と あわび本舗様(株式会社ダミキジャパンさま)です。ありがとうございます!

まだまだ協賛を受け付けております。よろしくお願い致します。

そして、後援ですが、
☆山陰海岸ジオパーク推進協議会
☆兵庫県但馬県民局
☆NPO日本安全潜水教育協会
の後援許可を頂いております。

また、フリーマガジン「Jam」10月号のイベント欄にも掲載頂けることとなりました。ありがとうございます。

今年から、竹野観光協会様のご協力を得て、学校テントの貸し出しや、昼食の割引券配布などのご協力を頂くこととなりました。忙しい中、ありがとうございます!

海そうじの輪が広がり、一人でも多くの人が山陰海岸ジオパークに注目してくださって、いつでもきれいで感動できる海辺にご案内できるよう、NPOたじま海の学校として活動していきたいと思っています。

10/17(日) 海そうじプロジェクト開催します!

遅くなりまして、申し訳ありませんでした!!

お待たせいたしました!
海そうじプロジェクト、今年もやります! 第6回目になります。

転送大歓迎です。
一人でも多くの皆様のご参加をお願いします。

*****************************************************

第6回 海そうじプロジェクト~みんなで海底・海辺のゴミ拾い~
兵庫県 竹野浜・海底&海岸清掃実施のご案内

現在の海をとりまく環境は、人の手を借りなければ保全できない程の現状であり、海辺の環境を良くしていくためには全ての人たちに関心を持ってもらう必要があると考えています。その足がかりとして、昨年に引き続き、海を活動の場としているダイバーとアングラー(釣り人)、そして地元住民が手を組み、「海をきれいに!」を合い言葉に、海岸&海底清掃活動『海そうじプロジェクト』を開催致します。

当イベントは、2004年の台風23号による豊岡水害による海岸汚染(海岸に街のゴミが大量漂着)で海岸清掃をおこなったことをきっかけに、年一回行っているもので、今回で6回目になります。

今年の会場は昨年同様、日本の渚100選、そして山陰海岸ジオパークに位置する竹野海水浴場とその周辺の新波止場一帯です。特に今年は、山陰海岸ジオパークの世界認定が迫っています。世界が注目する当ジオエリアへ訪れるお客様をいつでも気持ちよくお迎えしたいという思いも、この活動には込められています。

毎回、ダイバーは海中ゴミを、釣り人や一般参加者は浜辺の陸上ゴミをそれぞれ回収しています。昨年の参加実績は、ダイバー約60人、釣り人・一般参加者約140人で、1トントラック3台分のゴミを回収しました。

釣り場や海水浴場にもなっている場所での海底にはどんなゴミが漂着しているのでしょう?ただ拾ってきれいにするだけではなく、回収したゴミはすべて個数調査を行います。集計結果は一般社団法人JEANを通じて、世界約80ヶ国で調査される漂着ゴミのデータの一部として集計し、世界的なゴミ問題の啓蒙活動に役立てられます。

今回の清掃活動を通して、海の中で今起こっていること、海辺の環境に与える影響はどのようなものかを知っていただき、自分たちに何ができるか、参加された皆様が一緒に考えていく良い機会になればと考えています。一人でも多くの参加者をお待ちしております。


■日時  2010年10月17日(日)8:30~11:30(予定) <少雨決行>
      海底清掃ダイバー  8:10受付 8:30集合
      海岸清掃  9:30集合

■会場  兵庫県豊岡市竹野町竹野浜新波止場周辺

■主催  特定非営利活動法人 たじま海の学校
 共催  釣りグループ『海族ファミリー』、香住ダイビングサービス
 協賛  竹野観光協会、ダイブリゾートT-style
 後援(予定)  但馬県民局、山陰海岸ジオパーク推進協議会、FMジャングル、
一般社団法人JEAN、NPO日本安全潜水教育協会、
 
■参加費  無料 

■内容
約一時間半かけて、会場周辺の海底及び海岸・波止場周辺の散乱・漂着ゴミ(缶、瓶、ビニール等)を収拾する。所定の場所に集め、それらについて個数調査を行う。

■参加要件
<海底清掃>
 過去、当NPO主催の海そうじ潜水班参加経験者で経験本数50本以上、かつ、自己管理(セルフレスキュー)できる方に限ります。
<海岸清掃>
 どなたでもご参加頂けます。但し小学生以下のお子様連れの場合は、保護者同伴でご参加ください。

■その他
・会場でゴミ袋を配布します。
・交通費は自己負担となります。
・駐車場は竹野浜駐車場をご利用下さい。
・海岸清掃は小雨決行いたしますので、雨合羽をご用意ください。
・海況判断により海底清掃に関し、中断あるいは中止する場合がございます。その際は、陸上での清掃作業になります。その点を了承して下さる方のみ、海底清掃にご参加をお願いします。

■参加申込先
・海岸清掃参加は、当日会場にて直接お越しの上、受付下さい。10名以上の団体でご参加の場合は、行事保険の申し込みの都合上、10/3(日)までにご連絡下さい。(行事保険代は主催者が負担します)

・海底清掃に参加される方のみ、下記内容を必ずご記入の上、メールまたはFaxで申し込み下さい。(申込締切10/3(日))
  お名前 、郵便番号、住所、TEL、携帯電話番号、E-Mail(携帯不可)、団体/ランク、経験本数、最終潜水日
、ウエイト  kg、DAN-Japan 加入済み・未加入、交通手段 車・電車・その他 
メールアドレス  mail: umigaku@gmail.com (@を半角にして入力し送信下さい)  
 
■開催確認
 開催の有無に関しては、下記URLに開催当日の7時30分以降にアクセス下さい。
 NPO たじま海の学校 掲示板  http://umigaku.blog101.fc2.com/ 

■問合せ先
特定非営利活動法人 たじま海の学校 
「海そうじプロジェクト」事務局  担当:松本
〒669-6402  兵庫県美方郡香美町香住区訓谷316番地
tel:0796-39-4811 fax:0796-39-4811 
mail: umigaku@gmail.com (@を半角にして入力し送信下さい)

6/16、22-24 自然学校プログラムを開催しました

6/16、22-24の4日間、佐津地区で受け入れている篠山市内の小学5年生183人に対して、自然学校プログラムを開催しました。

6/16 - 33人 
 午前:スノーケリング 午後:磯観察
6/22 - 32人 
 午前:海辺の漂着物調査 午後:スノーケリング
6/23 - 58人 
 終日:スノーケリング(29人ずつの2交代制)
6/24 - 60人 
 終日:スノーケリング(30人ずつの2交代制)

磯観察は前回同様、無南垣(むながい)海岸で行いました。水温が前々週より3度も上昇したのが効いたのか、前々週にいたアメフラシやクロヘリアメフラシが居らず、また、県の漁業調整規則に含まれない食用海藻もずいぶん減っていたのですが、その分、ヒトデや巻貝、カニ、ヤドカリの観察をすることができました。

P6160826_convert_20100701204109.jpg

海辺の漂着物調査は今年試験的に行ったもので、6/1に川の漂着物調査をした上での開催で、このプログラムも無南垣海岸で行いました。範囲を決めて、回収作業を行って、佐津に持って帰って、川のときと同様の調査を行いました。その結果、陶器やガラス片、プラスチックのかけらやペットボトルが多かったです。川より多くの個数と重量のゴミを回収し、川とは違って、漁業系のゴミ(カエル浮き)や外国から(主に韓国)のゴミが珍しかったようで、船票などを「宝物」として持って帰っている生徒さんがいらっしゃいました。

P6220905_convert_20100701203525.jpg

今回、川と海とを調べて頂いて、自分たちの生活の周りにあるゴミが海に流れている現状をしっかりと見極めていて下さって、「ゴミが落ちていたら自分も拾います」「ゴミを落とした人に注意します」など、自分たちでできるゴミ減量の方法を班ごとにフリップで報告してくださいました。

P6220920_convert_20100701203625.jpg

川の調査を行った後に全員が感想を手紙にして下さったこともあり、私たちからのプレゼントとして、「ゴミは美しいアート作品に生まれ変わることができる」ことを知って頂きたくて、先日の川で拾ったガラスと今回の無南垣海岸と佐津海岸で拾ったシーグラスを用いて「ガラスのランプシェード」を作りまして、当日の夜にお宿へ出向き、お届けしました。女子はもちろんのこと、男子生徒もがライトを付けた瞬間に美しさに驚いていて、宝物探しの楽しさも、そしてゴミも人間次第で生まれ変われることを体感できたのではないかと思います。

P6220950_convert_20100701203712.jpg


スノーケリング教室では、今年はボウズニラ(くらげ)の発生が例年以上に多く、開催直前や開催中に虫網で除去しながら行ってました。それでも、後半は浅場に来るくらげの数も減ってきていて、快適に開催することができました。

P6230976_convert_20100701203759.jpg


スノーケリングで何が一番手間取るかというと、ウエットスーツの着用。くらげの危険が無ければ半そで半ズボンにするのですが、できるだけ浮力を確保したいのと、肌の露出をできるだけ抑えたいということから、当NPOでは半そで長ズボンにしています。ですので、足を通すのが一番難儀だったりします。それを解決すべく、今年はビニール袋を靴下のように履かせて、足を通してみました。すると、以前は30分はかかっていたのですが、今回は20分に短縮することができました。ダイビングの際のウエットスーツ着用の知恵を生かしました。

今回、NPOで初めて、支援学級の生徒にも開催し、ノウハウを蓄積することができました。支援学級の方はその方だけに指導員か指導補助員を配置し、その生徒に合ったプログラムを開催することで、その生徒だけでなく参加者全員がスムーズにプログラムに移行することができました。

水泳をするにはまだ冷たすぎる水温ですから、ウエットを着ていても寒がる生徒がいましたが、それでも「あがって休憩しますか?」と聞いたら「入る!我慢する!」という生徒が多く、初体験のスノーケリングにワクワクドキドキしていました。特に「水が怖い」「泳げない」チームになった生徒さんには、泳げなくても、フィンを履かなくても、足のつくところでスノーケルをくわえてマスクを付けて、楽しく生き物や海藻を観察していただきました。そうしたら、海に対する過度の恐怖心が抜け、水に対して自信をつけたようでした。

P6220944_convert_20100701203957.jpg

今回、手伝ってくださったボランティアリーダーの皆様、ありがとうございました。また、お昼ご飯など調理いただいたり、場所の融通、清掃を行ってくださった、佐津観光協会体験学習部の皆様にも感謝いたします。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。